オシロイバナの匂いがするといったマムシがいるという行為

こちらは好みで鮎釣りをします。本業の合間には鮎釣り支援と鮎釣り談義で花が咲きます。数日前の対応釣り支援が抱腹絶倒ことを言いました。『路地から川に消えるまっ最中オシロイバナの香りがしたら注意する対応』。意味がわからないので聴き正すという『マムシの香りはオシロイバナの香りと同じですからマムシに留意に関して』と言われました。亭主はシニアの者に教わったそうです。
言われてみれば私達の行っている川は、大河の最上流部で路地から森を降りて川まで行くのです。マムシがいてもおかしくありません。実にタヌキに遭遇したこともあります。
マムシではないですがカラフルなヘビには何度も出逢いました。
そういうチャットも忘れたあたり、常に川に鮎釣りに行きました。その日はそれほど釣れず、ポジショニング引っ越しを頻繁に繰り返していました。最後に入ったポジショニングは路地から杉林を抜き取れるポイントです。
急斜面を杉の木につかまりながら降りているときでした。オシロイバナの香りがプーンって漂いました。周囲を見てもオシロイバナはありません。ひょっとしたらマムシか・・と思った時ゾッとしました。でも川まで降り、釣りをしました。そうして家路だ。思い出しました。オシロイバナだ。どうしても匂います。ここで仮に噛まれたら・・と考えるってまたゾッとしました。
その日住居に戻り、マムシの香りをネットで確かめましたがオシロイバナの香りはサッパリ出ていません。真面目かダミーかわからない状態です。オシロイバナがトラウマになりそうです。http://gouin-traiteur.com/